のぞみ幼稚園、学校法人サンライズ学園のぞみ幼稚園、 川越市、鶴ヶ島市、日高市、埼玉県

教育方針

キリスト教保育

キリスト教保育のぞみ幼稚園はキリスト教会付属  のぞみ幼稚園では、聖書に基づいて保育されています。「心を尽くし、思いを尽く し、力を尽くし、知性を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。」(ルカ10:27) という聖書のことばがあります。本当に神を愛し、神を畏れているならば、たとえ誰 も見ていなくても、神に喜ばれることをしようとします。このことばを実行に移すの に具体的に現されている語句を用い、期待される言動を分かりやすくしています。   例えば、「何事でも、自分にしてもらいたいことは、ほかの人 にもそのようにしなさい。」(マタイ7:12)という聖句があり ますが、自分ならこうしてもらいたいということを人にしてあげ ることが、人を愛することの表れであることを示しています。子 どもたちが喧嘩をして自分たちで解決できない時など、どうして 喧嘩になってしまったかを一人ずつ聞いてから、相手のお友だち がどう思うか、また感じるか等質問します。そのような中で、お 友 だちの気持ちに気づくように導いていきます。自分が何かをさ れた 時、どう思うか、他のお友だちに同じことをすればそのお友 だちも自分と同じように感じることに気づくことが大切でしょう。 そし て、自分がしてもらいたいことをお友だちにしてあげる優し さが育 っていくことを願っています。

キリスト教保育 例えば、「何事でも、自分にしてもらいたいことは、ほかの人 にもそのようにしなさい。」(マタイ7:12)という聖句があり ますが、自分ならこうしてもらいたいということを人にしてあげ ることが、人を愛することの表れであることを示しています。子 どもたちが喧嘩をして自分たちで解決できない時など、どうして 喧嘩になってしまったかを一人ずつ聞いてから、相手のお友だち がどう思うか、また感じるか等質問します。そのような中で、お 友 だちの気持ちに気づくように導いていきます。自分が何かをさ れた 時、どう思うか、他のお友だちに同じことをすればそのお友 だちも自分と同じように感じることに気づくことが大切でしょう。 そし て、自分がしてもらいたいことをお友だちにしてあげる優し さが育 っていくことを願っています。

主体性保育

のぞみ幼稚園 子どもたちは多くの可能性を秘めています。大人は自分の立場からもの を考え子どもにおしつけてしまい、子どもの中にある良いものや、可能 性の芽を摘んでしまうことがあります。主体性保育とは、子どもたちが 園でのびのびと活動し、主体的に楽しく生活することにより子どもたち の中から引き出していく保育です。良いことと悪いことの区別を知り、 まわりの状況に気づくことができるよう援助しつつ、一人ひとり の個性を認め、生きる力の基礎となる幼児ふさわしい心情、意 欲、態度等が育つことを願っている保育です。幼児期にふさわし い教育は、 単に情報を詰め込んだり、字を読めるようになる、 何かができるようになれば良いと言うのではなく、字が読めるよ うになりたいという“意欲”を育てる環境と援助が大切で、学ん でいくプロセスや態度または姿勢がカギです。

 当園では、子どもたちが主体的に生活でき、自分からやりたい ことを見つけ意欲的に取り組むことができるように保育室内にい ろいろなコーナーを設定し、自分で活動を選べるように工夫して おります。園舎は主体性保育がしやすいように(オープンスペース を利用した保育室に)設計されております。